自力で行うねずみ駆除

ねずみを自力で駆除する場合、市販の駆除グッズを利用することになります。
駆除グッズにはバネやカゴの罠、粘着シート、殺鼠剤、超音波発生装置などがあります。

産経ニュースの情報といえばココです。

粘着シートは比較的安価で、最近では100円均一の店でも買えるようになりました。

費用はかかりませんが、餌などで呼び寄せるわけではないので、通り道に確実に設置することが必要です。



数日経って埃をかぶっていれば粘着力が落ちますので、定期的な確認と交換が必要になります。シートにひっかかったら、生きている状態でも処分しなければなりません。

罠はエサをつけて設置します。


エサにひかれてやってきたねずみを捕獲するわけですが、警戒心の強い動物ですのでなかなかかからないことがあります。
粘着シート同様、捕獲したあとの処分が必要です。

殺鼠剤の多くは食べた後すぐ効果を発揮しません。

数日から1週間かかることもあります。


その場ですぐ死ぬわけではないため、奥の方で死んでいる場合があります。

放置していると腐敗が進み、大変不衛生です。

殺鼠剤を使用するときは周りに粘着シートを配置することをおすすめします。



殺鼠剤を使用した場合死骸の処分が必要になります。

超音波発生装置は、人間には聞こえず、ねずみの嫌がる高音波を発生させて不快な環境を作り出し、家屋から追い出そうというものです。


ねずみ自ら出ていくので、処分する必要がありません。
超音波は壁を越えてはいかないので、各部屋の天井に設置する必要があります。また多くのタイプで電源が必要です。

なお、駆除作業は手袋とマスクを着用して行うようにしましょう。


ねずみの駆除に成功したら、再び侵入されないように出入り口を金網等食いちぎられることのないもので塞いでおきましょう。